高麗人参 Liq_Image

高麗人参と蕁麻疹の関係について

蕁麻疹とは赤いふくらみが表れ、それがだんだん広がって体中のいたるところに出たりするもので、しばらくすると消えてしまう病気です。
通常激しい痒みが襲ってくることが多く、これによりストレスを感じてしまったり、掻き毟って傷をつくってしまったりすることもあります。
この症状を蕁麻疹と呼ぶのは蕁麻という植物に触れたときに現れる症状によく似ているためといわれています。
この病気には二つのタイプがあります。
ひとつはアレルギー性のもので、もうひとつは非アレルギー性のものです。
アレルギー性のものは食べ物、植物、薬剤によるものがあり、食べ物では魚介類、肉類、卵、乳製品、穀類、食品添加物、小麦、そば、落花生など人によりかなり多岐にわたっています。
薬剤でも抗生物質、解熱鎮痛剤、咳止めなどがあり、医師の適切な診断が求められます。
非アレルギー性のものは下着などの物理的接触や圧迫、寒さ、振動、日光などによるものもあり入浴や運動による発汗などでも起こるものがあります。
アレルギー体質の人はこの病気になりやすく、アレルギー性の場合には同じものを摂取することで繰り返し症状が現れることがよくあります。
原因が複合的な形で現れることもありますので要注意です。


蕁麻疹になってしまったら、できるだけ静かに過ごし患部を冷たいタオルなどで冷やしたり、摩擦や圧迫など刺激を与えないようにします。
何よりこの原因となっているものを取り除くことが重要です。
しかしだいたいの場合にはその原因を特定できないことが多いのです。
さて、高麗人参も摂取することで蕁麻疹になる方がまれにいらっしゃるようです。
高麗人参は体を温めて元気にする機能をもっていますので、普通の人が服用するとのぼせたり、血が熱を帯びたりするということがよくあるとのことです。
通常漢方で調合されているものであればこうした症状はでませんが、生薬単独で服用したり生のものを食べたりした場合には過剰に効果がでることもあるので、一度飲用をやめてみるのがいいようです。
人によっては体に合わない成分であることも考えられますので特に食物アレルギーをお持ちの場合には医師に相談するなどをしたほうがいいようです。
ただ興味深いのはこうした病気の予防などに高麗人参のエキスが使われるケースがあるということです。
人によってプラスに働くケースとマイナスに働くケースがあることはあらかじめ理解しておいたほうがよさそうです。
アレルギーに心当たりのある方は気をつけて飲用してください。